THEO +docomoと資産運用のマニーさんの blog

初心者の資産運用を勉強していきます。

個人型確定拠出年金iDeCoの報告です

2018年11月からイオン銀行iDeCoを始め毎月23000円ずつ拠出しています。

とりあえず13カ月目の成績です。

ONEタワラ先進国株式

時価構成比             35%

時価評価額         92,780 円

取得金額              87,014 円

評価損益率             6,6 %

レオスひふみ年金

時価構成比                20%

時価評価額            52,998  円

取得金額                 49,697 円

評価損益率                  +6,6%

ONEたわら先進国債

時価構成比                15%

時価評価額               38,367 円

取得金額                  37,268 円

評価損益率                  +2,9%

DIAM新興国株式インデックス

時価構成比                 14%

時価評価額               38.155   円

取得金額                    37,268円

評価損益率                    +2.3%

ONEたわら国内債権

時価構成比                  10%

時価評価額                  24.998円

取得金額                    24.848 円

評価損益率                +0.6%

 

ブラックロックゴールドIDX

時価構成比                 6%

時価評価額             13.552   円

取得金額                  12.419円

評価損益率             +9.1 %です。

 

今回はそろそろ確定申告も近くなってきたので

源泉徴収表の見方を調べてみました。

 

源泉徴収票とは?
源泉徴収票とは、その年1年間に会社から支払われた給与等の金額と、自分が支払った所得税の金額が記載された書類で

所得税は給与などの収入金額すべてに対してかかるものではなく、そこからさまざまな控除額を引いた「課税所得」に対してかかります。源泉徴収票には、自分がいくら所得税を納めたかということだけでなく、なぜその所得税額になったのかという明細も記載されています。

次に源泉徴収票はいつ必要になるのか?
会社から源泉徴収票が配られ、なんとなく受け取っているものの、いつ必要になる書類なのか分からない、一度確認したら捨てても大丈夫? など、興味をもって調べないと会社勤めだったら知ることもないと思います。

源泉徴収票が必要になるのは、主に3つのタイミングです。

◾️転職(再就職)の時
源泉徴収票が必要になるのは、年の途中で退職し、転職や再就職をする時。転職先の会社では、前職の会社の源泉徴収の内容と、転職先での源泉徴収の内容を合算して年末調整を行います。そのため、転職時には前職での源泉徴収票が必要です。

◾️確定申告の時
源泉徴収票は、確定申告の際にも必要になります。会社員の場合、基本的に年末調整があるため確定申告はしませんが、会社員でも確定申告が必要になるケースがあります。

「年をまたいで転職をする場合」

「年収が2,000万円を超える場合」、

「副業による収入が20万円を超える場合」などがあります。

源泉徴収票には、確定申告書を記入する際に必要な収入金額や所得税の金額が記載されています。大切に保管しましょう。

◾️ライフイベントの時(住宅ローンを組む、扶養親族になるなど)
結婚して扶養に入ったり、住宅ローンを組んだりといった各種ライフイベントの際にも源泉徴収票が必要になります。

誰かの扶養親族になる場合、給与収入の上限などの条件があります。他にも、住宅ローンを組む時に、融資の審査には収入が影響しますので、それらの収入金額を証明する書類として、源泉徴収票が必要になりそうです。

次に源泉徴収表の見方です。

f:id:fureagin:20200122165227j:image

➀は「支払金額」。ここの金額が、

年収になります。
基本給だけでなく、残業代や賞与(ボーナス)、などの各種手当やインセンティブを含め、会社から支払われたお金の合計金額が記載されています。

(※)ただし、通勤にかかる交通費や出張時に支給される旅費交通費など非課税扱いとなる手当については、支払金額に含まれません。

➁給与所得控除後の金額

➁は「給与所得控除後の金額」。➀の支払金額から「給与所得控除額」を引いた金額です。

給与所得控除とは、自営業でいう必要経費にあたるもの。通常会社員に経費はありませんが、会社員でも仕事上必要なもの(例えばスーツやネクタイなど)を自費で購入しているという考え方のもと、年収から一定額差し引かれるものもあります。

給与所得控除額は、➀の支払金額に応じた金額が国税庁によって決められています。

➂所得控除の額の合計額

➂は「所得控除の額の合計額」です。所得税の計算では、➁給与所得控除後の金額から、更に個人的事情に応じたさまざまな所得控除が差し引かれます。
社会保険料控除」「生命保険料控除」

基礎控除」「扶養控除」「地震保険料控除」など。それら所得控除の合計金額が➂に記載されています。

源泉徴収税額

➃が「源泉徴収税額」。その年に納めた所得税の金額です。「➃源泉徴収税額 = ➁給与所得控除後の金額 − ➂所得控除の額の合計額) × 所得税率」で算出されます。所得税率は課税される所得額によって異なりますが、源泉徴収票には記載がありませんので国税庁より調べました。

 

所得税率の速算表になります。

f:id:fureagin:20200122210819j:image

国税庁より引用

私は今回医療費控除の申請のため確定申告をします。

また医療費控除の件も次回載せたいと思います。以上です。よろしくお願いします。

 

 

 

THEO+docomoの12月の資産状況です。

早いものでもう一年半経ちました。今は他に投資しながら、¥15000づつ積み立てて様子見です。

f:id:fureagin:20200101125456j:image

株式中心運用

f:id:fureagin:20200101125337j:image

グロース保有銘柄
略称
連動指標
時価評価額/損益
VGK
ユーロ圏の大型株
186,158円+7,228円
VTV
米国の大型の割安株
184,029円+15,076円
VOE
米国の中型の割安株
182,313円+10,133円
EWJ
日本株
117,379円+6,409円
EPI
インドの株
67,996円-291円
EPP
日本を除くアジア太平洋地域の先進国の大型・中型株
66,091円+754円
VPL
アジア太平洋地域の先進国の大型・中型株
61,117円+331円
VBR
米国の小型の割安株
59,909円+1,626円
EWW
メキシコ株
15,071円+620円
EWY
韓国の大型株・中型株
6,840円-266円
VWO
新興国全体の株式
4,883円+364円
FXI
中国の大型株
4,784円+488円
EWG
ドイツの大型・中型株
3,235円-2円
 

債権中心に運用

f:id:fureagin:20200101125530p:image

インカム保有銘柄


略称
連動指標
時価評価額/損益
LQD
米ドル建ての投資適格の社債
126,343円+4,831円
MBB
米国政府機関が発行・保証した投資適格のモーゲージ・パススルー証券(住宅ローン担保証券
94,696円-223円
SJNK
米ドル建ての残存期間0-5年のハイイールド社債
73,660円+195円
IEF
残存期間7-10年の米国債
72,690円+1,937円
IGSB
米ドル建ての残存期間1-3年の投資適格債
46,976円+1,022円
BWX
米国を除く先進国の国債
37,747円+134円
HYG
米ドル建てのハイイールド社債
19,246円+391円
TLT
残存期間20年超の米国債
15,030円+1,654円

 

実物産中心に運用

f:id:fureagin:20200101125541j:image

インフレヘッジ保有銘柄略称
連動指標
時価評価額/損益
XLRE
米国のリート・不動産株
63,092円+4,791円
IXC
エネルギー関連株式
33,743円-108円
VTIP
米国の1-5年の物価連動国債
32,316円+366円
IAU
金(現物)
28,448円+3,225円
DBC
コモディティ先物
21,119円-745円
RWX
米国を除く世界各国のリート・不動産株
4,241円-287円
SLV
銀(現物)
1,815円+163円
 

続いて積み立てNISAの資産状況です。

ひふみプラス

投資金額               ¥130,000

時価評価額             ¥143,828

 運用損益                  ¥  (  + 9%)

 

iFreeS&P500

投資金額               ¥299,000

時価評価額            ¥339,405

運用損益               ¥(+8,8%)

両方とも好調すぎてもっと投資してみたいところですが、今年から楽天証券の積み立てNISAで

eMAXIS Slim全世界株式(日本除く)をクレジットカード決済の積み立てに変更しました。クレジット決済による1%還元と信託報酬の低さが魅力的です。始まりは2月1日引き落としなのでまた報告します。

それとは別に楽天証券投資信託で積み立て開始しました。12月、1月はクレジット決済限度額の¥50000の設定にして、2月から

は積み立てNISAとの兼ね合いも含め

¥14000づつ積み立てします。

楽天バンガードファンド(全米株式)

現時点の成績は

投資金額       ¥50,000

時価評価額     ¥52169

運用損益          (+9,5%)

です。去年の12月は成績が良かったからかなりいい成績です。

2020年も平均的な成績で上がってほしいです。

最後に新しいNISA制度が決まったみたいなので

載せておきます。

f:id:fureagin:20200103210448j:image

日本経済新聞より引用

現在のNISAは年120万円を投資限度額として、配当や分配金、譲渡益などの運用益にかかる約20%の税が5年間、非課税になる制度で23年末に投資期限を迎えます。

政府・与党は投資期限を28年まで5年延長した上で、新たな制度に移行させる。

新たなNISAはリスクの低い投資信託などに対象を限定した積立枠(1階)と、従来通り上場株式などにも投資できる枠(2階)の仕組みに改める。原則としてリスクの低い商品に投資した人だけが、2階部分にも投資できるようにする。安定資産による長期的な運用を重視する。運用益の非課税期間はどちらも5年とする。

年間の投資限度額は1階が20万円、2階が102万円、総額122万円とする方向で調整している。全体で5年にわたり最大610万円を非課税で運用できる。

投資対象の商品は、金融庁と証券業界が調整を進めている。新制度の1階は現行の「つみたてNISA」とほぼ同じになる。2階については、リスクが高すぎて資産形成に向いていないものを除外する方向で調整している。

NISAは個人の資産運用を貯蓄から投資に振り向けることを目的に設けられ、現在1100万超の口座がある。だが株式などの短期売買に使われることも多い。

低リスクの投資信託などに投資対象を限定し、年間40万円を上限に運用益が20年間非課税のつみたてNISAも見直され、2037年までの投資期限を2042年まで5年延長する。23年までに始めれば、いつからでも20年間は積み立てられるようになる。

24年以降の利用者は新NISAか、つみたてNISAのいずれかを選ぶ。一方、未成年を対象にした「ジュニアNISA」は23年までの投資期限を延長せずに終了する。口座数は30万台で頭打ちになっている。

以上です。今年もよろしくお願いします

 

今年ももう終わり頃ですが個人型確定拠出年金

IDeCo12ヶ月目の成績です。

2018年11月からイオン銀行iDeCoを始め毎月23000円ずつ拠出しています。

 

ONEタワラ先進国株式

時価構成比             35%

時価評価額       104,348  円

取得金額              95,007円

評価損益率           +9.8  %

レオスひふみ年金

時価構成比                20%

時価評価額            59,199円

取得金額             54,262 円

評価損益率                  +9.0%

ONEたわら先進国債

時価構成比                15%

時価評価額             41,834  円

取得金額                  40,692円

評価損益率                  +2.8%

DIAM新興国株式インデックス

時価構成比                 14%

時価評価額              42,108 円

取得金額                 40,692  円

評価損益率                    +3.4%

ONEたわら国内債権

時価構成比                  10%

時価評価額                 27,198 円

取得金額                   27,130 円

評価損益率                +0.2%

 

ブラックロックゴールドIDX

時価構成比                 6%

時価評価額             14,388円

取得金額                  13,560円

評価損益率             +6.1%で

 

年金資産評価額289,009円

運用金額            271,343円

評価損益             17,666円

運用利回り            10.74%

とりあえず始めて1年の月日が経ちますが、

マイナスから始まり、プラス10%超えということで出来過ぎな結果だと思います。

iDeCoは全額所得控除であり年末調整(又は確定申告)で変換されましたので始めてよかったです。

一般的にポートフィリオの中に占める株式の割合は[100ー年齢(%)]と言われているので

もう少し来年は攻めて見ようと思う、なんせ始めてでまるでわからないことだらけだったので。

2019年は逆イールドがあったり米中貿易問題で振り回されっぱなしだった気がしますが、結果はプラス方向で安心しました。

まだ来年も米中貿易問題、イギリスの

EU離脱、大統領選挙、直近で問題がありますが気にしつつ勉強していきたいます。

あと

 

f:id:fureagin:20191230184008j:image

年金制度改正

10月18日の年金部会に厚労省は3つの重要な改正ポイントを提示した。【1】「在職定時改定」の導入、【2】厚生年金加入期間を75歳まで延長、【3】年金繰り下げ受給の上限年齢を75歳に引き上げた。
 [ヤフーニュースより引用]

年金2000万問題、NISA制度の改正、調べてみると色々出てきますがこれからも資産運用の勉強して備えていきたいと思います。

2019年お疲れ様でした。では良いお年を


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

THEO+docomoの11月の資産状況です

THEO+docomoの11月の資産状況です。

f:id:fureagin:20191202151017j:image

f:id:fureagin:20191202151035j:image

NYダウ過去最高値更新して、日本株も

年初来高値を更新になりまして好調な成績によりTHEO+docomoをはじめて以来初の5%超えになります。素直に嬉しいことですが、まだ経験したことのない暴落の方も頭の片隅に置いておきます。

続いて積み立てNISAの資産状況です。

ひふみプラス

投資金額               ¥120000

時価評価額             ¥131.358

 運用損益                  ¥  (  + 9.4%)

 

iFreeS&P500

投資金額               ¥276000

時価評価額            ¥307280

運用損益               ¥(+11.3%)

両方とも好調です、このままずっと続いていくとは思いませんが今は素直に喜んでおきます。

今年はイオン銀行で積み立てNISAをしてましたが、来年から楽天証券で積み立てNISAの手続きをしました。年始めから決済しようとやって見たら12月31日以降まで手続きできないようでした。少し手続きが面倒ですが、非課税枠を使い切れるようにしたいと思います。

それと一緒に楽天証券で積み立て投資も

デビューしました。

鉄板かもしれませんが、楽天バンガードファンド(全米株式)でとりあえずクレジット決済できる限度額の¥50000積み立てました。来年のNISA枠が手続きできたら、額を減らしてコツコツ積み立てていきます、状況は来月公開します。

おさらいですが

「投資を始めよう」と考えたあなたに、知らないと損する耳寄りな情報があります。通常、投資で利益が出た場合はその20%ほどを税金として納めなくてはいけないのですが、これがすっかり免除になる制度があるます。それがNISA口座で投資をはじめるときに手続きをすれば、誰でも利用できるんです。今回はこんなお得な制度をしっかり使う、投資初心者の王道のはじめかたを紹介します。

[投資の利益には税金がかかる]
 投資で出た利益には、20.315%の税金がかかりますが、つみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)とiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)という制度を利用すれば、その税金が一切かからなくなります。

 例えば、1万円の利益が出た場合、通常は1万円の20.315%、つまり2,032円が税金として差し引かれますが、つみたてNISAやiDeCoを利用すれば、1万円の利益がそのまま受け取れるのです。

つみたてNISAってなに? 
 つみたてNISAは少額のお金を長期間、積み立て投資する人には、利益に対して一切課税しませんよという制度です。

 つみたてNISAには2つの制限事項があります。

・1年間で投資できる上限が40万円
・金融庁の設定した、長期・積立・分散投資に適した基準をクリアした商品から選ぶ

 1年間で投資できる金額の上限は40万円ですが、これから投資を始める人にとってはこれぐらいの金額、つまり毎月3万円程度の投資額は、ほどよいと思います。

 金融庁が設定した商品からしか選べませんが初心者や未経験者にはむしろ安心できる商品が

あると思い始めやすいと思います。

もう一つ1年に1回10月〜12月の期間ですが、NISA口座の金融機関変更の仕方です。

(楽天証券より。)

楽天証券の総合取引口座をお持ちの方
STEP1

「勘定廃止通知書」の取得

NISA口座を利用している金融機関から「勘定廃止通知書」を取得する。

金融機関の申込方法は各金融機関によって異なります。詳細は各金融機関にお問合せください。
STEP2

NISA口座申込書類の請求と返送

楽天証券でNISA口座の申込書類を請求し、「勘定廃止通知書」を同封して返送。

NISA口座お申込み
STEP3 

NISA口座開設手続き

当社および税務署での審査完了後、お取引が可能です。

税務署での審査・開設処理には1~2週間かかります。
金融機関の変更に必要な書類
金融機関の変更にあたっては以下の書類が必要です。

f:id:fureagin:20191202231333j:image

楽天証券の総合取引口座をお持ちでない方
「通常郵便による口座開設」でNISA口座も同時にお申込いただけます。
STEP1

「勘定廃止通知書」の取得

NISA口座を利用している金融機関から「勘定廃止通知書」を取得する。

金融機関の申込方法は各金融機関によって異なります。詳細は各金融機関にお問合せください。
STEP2

申込書類の請求と返送

楽天証券で総合取引口座/NISA口座の申込書類を請求し、「勘定廃止通知書」を同封して返送。

総合口座・NISA口座
同時申込み
STEP3 

NISA口座開設手続き

当社および税務署での審査完了後、お取引が可能です。

税務署での審査・開設処理には1~2週間かかります。

 以上です。今年もあと1カ月きりましたが

頑張って勉強していきます。よろしくお願いします。

個人型確定拠出年金iDeCoの報告

2018年11月からイオン銀行iDeCoを始め毎月23000円ずつ拠出しています。

とりあえず11ヶ月目の成績です。

ONEタワラ先進国株式

時価構成比             35%

時価評価額         92,780 円

取得金額              87,014 円

評価損益率             6,6 %

レオスひふみ年金

時価構成比                20%

時価評価額            52,998  円

取得金額                 49,697 円

評価損益率                  +6,6%

ONEたわら先進国債

時価構成比                15%

時価評価額               38,367 円

取得金額                  37,268 円

評価損益率                  +2,9%

DIAM新興国株式インデックス

時価構成比                 14%

時価評価額               38.155   円

取得金額                    37,268円

評価損益率                    +2.3%

ONEたわら国内債権

時価構成比                  10%

時価評価額                  24.998円

取得金額                    24.848 円

評価損益率                +0.6%

 

ブラックロックゴールドIDX

時価構成比                 6%

時価評価額             13.552   円

取得金額                  12.419円

評価損益率             +9.1 %です。

11月の株価の上昇により先月に比べて全て

プラスになりました。

多分始めて以来はじめてです。

先月誕生月で年金定期便が届きまして、今まで

1回もしっかり見たことなかったから見方を調べてみました。

50歳未満の方に届く年金定期便の見方。

f:id:fureagin:20191112185759j:image

1️⃣各年金実施機関に問い合わせるときの番号が記載されています。

f:id:fureagin:20191112160321j:image
2️⃣現時点での国民年金、厚生年金の加入期間が記載されています。国民年金は種別ごとの内訳、厚生年金は民間、公務員、私立学校の内訳が、最後に合計が記載されています。

f:id:fureagin:20191112160541j:image

3️⃣現時点までに支払った保険料に基づいた年金額が記載されています。
なお、若い人など年金加入歴が短い人ほど記載された年金額は少なくなりますが、前述の通り今後保険料を支払っていくにつれて、この年金額も増えていきます。

f:id:fureagin:20191112160602j:image
4️⃣これまで年金保険料をいくら支払ったのかが記載されています。厚生年金は個人負担分のみ

f:id:fureagin:20191112165051j:image

 

50歳以上の人に届くねんきん定期便の見方
50歳以上の人に届くねんきん定期便は、現時点の状態のまま60歳(60歳以上の人は現時点)まで年金加入を続け、60歳(60歳以上の人は現時点)で年金加入をやめた場合を想定して作られています。50歳以上の人のねんきん定期便に書いてある金額は、実際にもらえる金額にかなり近い数字になっています。

 

以下は、1960(昭和35)年8月生まれの男性に、57歳の時に届いたねんきん定期便の例です。この人の場合、64歳から老齢厚生年金が約90万円もらえ、65歳になると老齢基礎年金が約74万円追加となり、トータルで約164万円の年金額を受け取れるようです。

 

f:id:fureagin:20191112190253j:image


1️⃣各年金実施機関に問い合わせるときの番号が記載されています。

 

f:id:fureagin:20191112190414j:image

2️⃣現時点での国民年金、厚生年金の加入期間が記載されています。国民年金は種別ごとの内訳、厚生年金は民間、公務員、私立学校の内訳が、最後に合計が記載されています。

f:id:fureagin:20191112191455j:image
3️⃣65歳より前から年金(特別支給の老齢厚生年金)がもらえる人にだけ、その支給開始年齢とともにその時点での予想額が記載されています。支給開始年齢が2段階、3段階となる人もいます。

f:id:fureagin:20191112191514j:image
4️⃣65歳からの予想年金額が記載されています。「いくつから」「どの種類の年金が」「いくら」もらえるかが記載されています。

f:id:fureagin:20191112191531j:image

 


自分の年金の情報がウェブ上で見られる「ねんきんネット」への登録時、基礎年金番号に加えて、ここに書かれているアクセスキーを使うと、即時で登録ができます。

f:id:fureagin:20191113230802j:image

ちなみに私の見込み年金額は会社員ですが厚生年金期間が少なかったため、このまま年金制度が続いたとしても年額100万くらいの見込みでした。国の制度を利用して資産運用頑張ります。失礼します。

THEO+docomoの10月の資産状況です。

はじめに10月の資産状況です。

f:id:fureagin:20191105091820j:image

f:id:fureagin:20191105091834j:image

10月は初旬はマイナス傾向だったのですが、

中盤米中貿易協議の部分的合意によって一気に株高になりました。

(まだ詳細は決まってませんが)

ここまで上がったのは1年半くらいしかやってませんが初めてです。

11月の時点でナスダック、S&P500ともに最高値更新しました。

THEO+docomoが行なっているリバランスの説明です。

リバランス(毎月)
運用中、市場の動きによって変化した投資配分を元に戻す

■ リアロケーション(四半期に1回〜毎月)
各機能ポートフォリオへの組み入れ銘柄と組み入れ比率を見直し入れ替える

■ リクリエーション(年1回※)
THEOの投資戦略に基づき各ポートフォリオの配分比率を変更する

■ リプロファイリング(年1回※)
お客さまの年齢によって機能ポートフォリオの配分比率を変更する

※お客さまの状況により実施しない場合があります

これら4つのメンテナンスによって、ポートフォリオを最新の投資戦略に沿って、お客さま一人ひとりに適した状態に保ちます。

リバランスとは?
リバランスとは、お客さま一人ひとりの資産運用方針に対してその投資配分を見直すことです。

投資しているETFの価格は常に変動しています。ある保有ETFの価格が上昇すると、全資産における機能ポートフォリオの配分も変わってきます。

配分が変わることは、当初想定したよりも多くのリスクを取ることになったり、逆にリスクを取りすぎなくなることで、最適な資産運用ができなくなることに繋がります。

f:id:fureagin:20191107084247j:image

例えば、ある月において株式市場が大幅に上昇したとします。その場合、グロース・ポートフォリオの全資産に対する割合が、当初予定していた資産運用方針の配分より上がることになります。

この状況では、当初の資産運用方針にそったポートフォリオに戻すために、THEOは値上がりしたグロース・ポートフォリオに含まれるETFを売却し、インカム・ポートフォリオとインフレヘッジ・ポートフォリオにあたるETFを購入します。

これによって、上昇したグロース・ポートフォリオの割合を下げ、インカム・ポートフォリオとインフレヘッジ・ポートフォリオの割合を上げることができ、当初予定していた配分に戻すことを行います。

更に、各機能ポートフォリオ内に占める各保有銘柄の配分も市場の上げ下げの影響を受けています。それに対して、各機能ポートフォリオ保有している組み入れ銘柄と組み入れ比率を見直し入れ替える「リアロケーション」を通して決められた、機能ポートフォリオ内での配分を保つためにも、リバランスは活用されています。上記のように市場価値が上がり、機能ポートフォリオ内での配分が上がった銘柄に関しては、その銘柄を売却し、相対的に機能ポートフォリオ内で占める割合の下がった銘柄を購入することにより、各機能ポートフォリオ内における配分も長期的に保つ事ができます。

このように、THEOは毎月の「リバランス」を通して、市場の日々の変動によって当初の予定からずれたポートフォリオの修正をおこなうことで、お客さまのポートフォリオを長期間にわたり最適に維持しています。

これはTHEO+docomoのリバランスよりから抜粋しているのですが、基本的にはほったらかしです。

続いてTHEO+docomoのカラーパレットが11月から適用されました。

f:id:fureagin:20191107153845j:image

イエローカラーです。この次のレッドカラーはさすがに遠いです。

 

続いて積み立てNISAの資産状況です。

ひふみプラス

投資金額               ¥110000

時価評価額             ¥117477

 運用損益                  ¥  (  +   6.7%)

iFreeS&P500

投資金額               ¥253000

時価評価額            ¥269196

運用損益               ¥(+6.4%)

両方とも好調です。

ひふみプラスが大分上がりました。

来年から楽天証券で積み立てNISAの手続きしましたが10月のはじめに手続きしたのですが

まだ金融庁からの手続きが終わってないらしく

クレジットカード決済するにはギリギリになりそうです。

もし変える方がいればお早めに。

今年もあと2カ月きりましたが、米中貿易問題も、イギリスのEU離脱問題も解決はしなそうですね。

これからも少しづつ積み立て頑張っていきます。では失礼します。

個人型確定拠出年金

2018年11月からイオン銀行iDeCoを始め毎月23000円ずつ拠出しています。

とりあえず10ヶ月目の成績です。

ONEタワラ先進国株式

時価構成比             35%

時価評価額         78,605 円

取得金額             79,019    円

評価損益率              -0,6 %

レオスひふみ年金

時価構成比                20%

時価評価額              45,221円

取得金額                  45,131円

評価損益率                  +0,1 %

ONEたわら先進国債

時価構成比                15%

時価評価額                34,387円

取得金額                   33,844円

評価損益率                  1,6%

DIAM新興国株式インデックス

時価構成比                 14%

時価評価額                  32,286円

取得金額                    33,844円

評価損益率                    4,7%

ONEたわら国内債権

時価構成比                  10%

時価評価額                  22,814円

取得金額                     22,565円

評価損益率                1,1%

 

ブラックロックゴールドIDX

時価構成比                 6%

時価評価額                12.218

取得金額                  11,278円

評価損益率              8,3%です。

年金2000万円問題について

金融庁の報告書から

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20~30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で1300万円~2000万円になる。この金額はあくまで平均の不足額から導きだしたものであり、不足額は各々の収入・支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なる。当然不足しない場合もありうるが、これまでより長く生きる以上、いずれにせよ今までより多くのお金が必要となり、長く生きることに応じて資産寿命を延ばすことが必要になってくるものと考えられる。重要なことは、長寿化の進展も踏まえて、年齢別、男女別の平均余命などを参考にしたうえで、老後の生活において公的年金以外で賄わなければいけない金額がどの程度になるか、考えてみることである。

これだけだとよくわかりにくいですが、これはあくまで平均値であってライフスタイルや収支は人それぞれですので絶対不足するという事ではなく食べていくだけであれば公的年金だけで充分っていう感じでした。

2019年8月にも年金が2割減る?という報道がありましたがこれは所得代替率が減るということでした。

所得代替率とは現役男性の平均手取り収入に対する夫婦二人の年金額の割合で、

現在の61.7%に対して2047年には50.8%に低下するっていう記事です。

色々考えさせられることもありますがキャッシュフローの見直しや資産運用もがんばっていきたいと思います。ではまた。